足育

子どもの足育(あしいく)
子どもたちの健やかな発育を促すためには足の機能を育てることがとても大切です。子どもの足は、成長過程にあり、間違った靴選びをしてしまうと、すぐに足、足の指、爪などはもちろん、運動能力の低下や姿勢の悪さ、集中力の欠如につながります。
「足育」には、大人が、靴の選び方、履き方などの正しい知識を身につけ、子どもの「足から健康な生涯を育む」という思いが込められています。
子どもの足の成長について
赤ちゃんの足は、骨格の配列ができているだけのやわらかい軟骨状態。成長するにつれて徐々に骨化していきます。足の成長は早く、足長は1~2歳半頃までは半年で約1㎝、それ以降は半年で約0.5㎝のペースで大きくなっていきます。「すぐ履けなくなるから」と大きめの靴や、サンダルなど脱ぎ履きしやすい靴を選ぶと子どもの足は柔らかいため、外からの影響を受けやすく、足の形が変わってしまいかねません。
靴はただ裸足で歩くことを避けるためのものではなく、足そのものなのです。あった靴を履かせることが、その後の足のトラブルを防ぎ健康で豊かな人生の歩みにつながります。子どもの足は、4~6ヵ月毎にチェックし、靴を見直しましょう。
危ない子どもの足・足指・爪
子どもは、体の筋肉が柔らかで常にいろいろなことに興味を持っているので、痛くならないと自分からはほとんどいいません。だからこそ、大人がきちんと見てほしいのです。子どもの足のトラブルは、いろいろな形になってあらわれています。
足にトラブルのあるケース
走り方・歩き方が不自然、運動が苦手
何もないところでつまずく・よく転ぶ
猫背・姿勢が悪い
集中力が続かず、落ち着きがない
和式トイレで座れない
いつも口がポカンと開いている
歯並び・噛み合わせが悪い
足のチェックポイント
指…親指がくの字に曲がっている。指が下を向いている。浮いていて地面についていない。踏ん張ると指に横シワができる。
爪…真上からちゃんと見えない。深爪、巻き爪、爪がよく欠けている。小指や薬指の爪が横を向いている。
足の裏…小学生になっても土踏まずが全くない
子どもに足のトラブルが増えているのは、アスファルトやコンクリートがふえ、土とふれあう遊び場所が少なくなったこと。室内での遊びがふえたこと。
車や自転車での移動がふえ、歩くことが少なくなったこと、畳の生活よりもフローリングがふえたことなどの生活様式の変化があります。そして、チューブソックス(先が丸い靴下)が子どもの柔軟な足指の動きを妨げていること。足に合わない靴や、正しい靴の履き方ができていないことなどがあげられます。
安心してください.子どもの足は変化しやすいのです。
子どもの足にトラブルを見つけた場合、靴の選び方が分からない場合など、子どもの足や靴に関するお悩みは、「足ゆび養生所」をおたずねください。
改善のアドバイスや親子でできる足の体操などをお伝えします。
子ども用5本指靴下(CSソックス・14㎝~)の取り扱いもしております。
足の大切さをお伝えし、足や靴に関心を持っていただけるよう、保育園、幼稚園、小学校、老人施設、地域活動の場などでの講演活動も賜っております。お問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。