足と自律神経と免疫力

足は体を支える土台です。

足は体を支える土台です足の裏にある3本のアーチは、地面から伝わるストレスをやわらげています。アーチが崩れて足裏が変形してしまうと、どうしても病気につながりやすくなります。足の持っている免震構造のような役割が果たせなくなると、地面からのストレスは直接体全体に伝わります。体は、本能的に重力とのバランスをとり、まっすぐ立とうとして首や腰に何倍もの余分な力を入れてしまいます。

特に頸椎の最上部、頸椎1番、頸椎2番は、クッションがない上に、可動域が大きい部分です。

不安定な足裏を補おうとして、傾き、ずれやすくなります。

頸椎は、自律神経が出ている部分ですから、神経の伝達がうまくいかなくなったり、切り替えがうまくできなくなったりします。長期間に及ぶと、体に慢性疲労が蓄積し、どうしても交感神経緊張状態が続いて、増多した顆粒球が放出した活性酸素が正常な細胞、神経、臓器を破壊し、免疫力を低下させ病気を招いてしまいます。

人間が重力のストレスを受けているのは、眠っている時間(約8時間)を除いた1日およそ16時間。重力による肉体的なストレスを人生の3分の2もの時間受けているわけです。

ですから、大きな負担がかかる足のケアは何より大切です。足の指がまっすぐ伸びていないと足は緊張したままとなり、常に負荷がかかっている状況です。

たかが足と考えられがちですが、足のゆがみや足指のトラブルが2次的障害を発生させていくことに大きな問題があります。

自律神経と免疫力の関係

自律神経と免疫力は密接に関わっています。免疫力を担っているのは白血球の中のリンパ球です。

自律神経は、交感神経と副交感神経があります。交感神経は日中、活動時に働く神経で白血球の中の顆粒球とつながっています。副交感神経は、夜眠る時や食事の時、笑っているときに働く神経で、白血球の中のリンパ球とつながっています。病気の人は、自律神経のバランスが乱れ、白血球のバランスも崩れています。健康な人のリンパ球は35~41%、リンパ球が2000個/μℓ以上あります。

自律神経と免疫力の関係

患者さんの足を診てみると、以外にも足にトラブルを抱えている人が多いようです。永野医院では自律神経のバランスを整えるためにも、足の状態を元に戻すことをすすめています。ご希望の方は、松藤文男先生の相談を優先的に受けることができます。

プロフィール

永野剛造先生

永野剛造先生 / 永野医院院長

1950年東京都生まれ。永野医院院長。医学博士。日本自律神経病研究会会長。75年慈恵医科大学医学部卒業。77年同大学麻酔科入局。84年富士中央病院麻酔科部長。87年慈恵医科大学皮膚科入局。92年永野医院を開業し現在に至る。

エネルギー測定を自分なりに工夫し患者さんのエネルギーを測定できるようにし、円形脱毛やアトピー性皮膚炎、脳梗塞の後遺症などに自律神経免疫療法、波動療法、交流磁気療法、頭皮針療法、熱刺激療法などのエネルギー療法、独自の思考法、サプリメントなど。さまざまなエネルギー医学を実践し、治療実績をあげている。

■永野医院
東京都渋谷区幡ヶ谷2-6-5
[TEL]03-5371-0386
[ホームページ]http://www.nagano-hosp.com